コネなしスキルなしでライターになった私が「退職後」にやったこと

こんにちは、さやかです。

先日、>>【超簡単】コネなし・スキルなしでライターになった私が「退職前」にやったこと5つという記事を書きました。

私が退職前にやっていたことを紹介したのですが、今回は「退職後」すぐに私がやったことをご紹介します〜!

ではいってみよう。

私が「退職後」にやったこと5つ

稼ぐ目標金額を決めた

まずは目標金額を決めました。

フリーランスとして第一歩を踏み出した瞬間は、いろんな期待と不安が入り混じると思います。

なんとなく「このくらい稼げたらいいな〜」と考えますが、ぜひ目標は具体的に定めましょう。

私は退職前にこんな目標を掲げていました。

いきなり3ヶ月で月収30万!という目標を掲げるケースももちろんありですが…突出するべき特徴もない私がハードルを上げすぎると絶対挫折すると思ったんです(´;ω;`)

稼ぐことはずっと続く行為です。

一時期だけ目標達成をして終わりではないですよね。

だからこそ、モチベーションを保ちつつ、少しづつ成長できるボーダーを考えて、私は「半年後に20万円を超える」という目標を掲げました。

この紙は部屋の壁に貼って、毎日見るようにしていたのですよ(*´ω`*)うへへ

受験みたいだけど、目標は忘れないように常に手元に置いておき、自分にプレッシャーをかけていましたw

 

※もちろん人によるので、貯金がなくて生活費をなんとかしてでも稼がないといけない…!という人はもっと高い目標を持ってくださいね…!

無事に半年後に20万円を達成し、とても嬉しかったことを覚えています。自分の力で稼げる…って本当に嬉しいよね(*´ω`*)

オンラインサロンに入った

私は退職するまでにフリーランスのお友達や仲間が全然いませんでした。

今思えばもっと頑張っておけよ〜〜!という感じですが、当時はそこが全然だめでしたね…(反省)

バカ〜〜!

退職前からいろんな人のブログを読み漁り「フリーランスは孤独になりやすい」ということを知り、このままではやばい、何かしらのコミュニティに入らねば…!と思っていました。

 

どこに入ろうかな〜?と思っていた矢先、

 

退職する前からずっとブログを読んでいた小太りさんから(正しくは小太りさんが所属している会社が)オンラインサロンを立ち上げる!という情報を知ったのです。(しかも私が会社を辞めた翌月の10月からw)

しかもしかも、そのサロンはフリーランスに特化したコミュニティで、独立したてのフリーランスにはかなりお得な情報を提供してくれるサロンだったのです…!

前から小太りさんファンだった私は

 

「こ、これは、私のためのサロンだああああ!入るしかねえええ!」

 

と思ってすぐに入会。(勘違いがすごい)

今年の8月末までお世話になったのですが、私はこのコミュニティに入ったからこそ上手くいったといっても過言ではありません。

フリーランスの仕事の心構えやライティングセミナー、そしてなにしろ同じフリーランスとして活躍する仲間に出会えたことが大きかったです。

フリーランスの聖地といわれている「まるも」にも行ったし、Pont!で出会えた人たちとは今でも繋がっているので、本当に入ってよかったと思います。

メンバー紹介もしていただいたし、記事も執筆させてもらいました↓

いざ、フリーランスで働いてみて思うけど、やはりなにかしらのコミュニティやグループに属していた方がいいなと思います。

フリーランスとして働く知識やスキルが身につきますし、気軽に相談でき、切磋琢磨できる相手が見つかります。

ひとりでガンガンできる〜〜\\\\٩( ‘ω’ )و ////という方は問題ないですが、やはり孤独感がすごいです。

私は最初の頃、人に会わなさすぎ&人と喋らなすぎて「あれ?私世界と遮断されている…?」という感覚に陥りそうになりましたw

でもそんなときにコミュニティのグループLINEに今日の日報を投稿したり、オンラインで一緒作業をすることで、やっかいな孤独感を感じなくてすみました。

もしコミュニティに入るのは苦手…!という方は、SNSやブログを頑張ってみましょう。

フォロワーさんやPV数が増えることで、新しい繋がりもできるので、ぜひ挑戦してみてください。

全てをライティングに捧げた

何の変哲もないただのカッコイイパソコンのスイッチの無料画像:IMG_1959.JPG

はい、ここからちょっと体育会系になってきますがついてきてくださいね(*´ω`*)うふ

本気で稼ぎたい、頑張りたい…!と思うのなら、退職後の3ヶ月〜半年ぐらいは全てをライティングに捧げてください。

 

退職した直後って

「ちょっと自由な生活を満喫しよう〜」

「旅行に行ってみよう〜」

「遊びに行こう〜」

なんて思って思ってしまいがち。

それでももちろんいいですよ☆

 

でもまじで頑張りたいのなら、一回どこかで本気を出した方がいいと思います。

 

私は退職後の3ヶ月間はライティングを始めとする、仕事のことしかほぼしていませんでした。

もともと辞めた瞬間からコミットする、と決めていたので「ちょっとゆっくりするか〜」みたいな気持ちはあまりなかったです。

クラウドソーシングで提案して、いろんなメディアに応募をして、ひたすら書いて、ライティングセミナーに行って…みたいな感じでした。(たま〜に息抜きにご飯に行くみたいな感じ)

とくに3ヶ月目の12月は、全然家から出ず1日1万字以上を生産していた気がする…。

 

でもその甲斐あってか「自分もやればできる!」という自信がついた気がします。

バランスやメリハリが最初からつけれる人ならいいですが、なんせ私は不器用なもんでね…(´;ω;`)ははは

最初はがっつりやらないとダメなタイプでした…w

一切外出せずにだとしんどくなってしまうので、上手く息抜きをしつつ、今必要じゃないものは極力カットするのがおすすめです。

  • 女子会
  • 飲み会
  • テレビ
  • 旅行

とかね!!

自分の時間の使い方で緊急性がないものは一旦封印しましょう。

日報を書いた

1日に自分がどのくらい作業したのかが分かるように「日報」を書いていました。

何時から仕事を始めて、どこのメディアの記事を書いたのか、何文字で何時間かかったのか?

ということを手帳でもいいのでメモしておきましょう。

ライティングを始めたての頃は、自分が1本の原稿を書くのにどれくらいの時間がかかるのかが分かりません。

「何時間で何文字書けるか」をメモすることで、自分の執筆スピードが分かります。

スピードを把握しておくことで、スケジュール管理がしやすく、仕事の受注数も調整ができます。

クライアントさんから「急ぎでできますか?」と聞かれたときも、瞬時に書けるのか書けないのか?の判断ができやすいのでおすすめです!

目標となる人を決めた

今は多くのライターやフリーランスの方がいらっしゃいますよね。

SNSやブログを見ると何かしら皆さん書いてますし、自分と同じような人が大勢います。

情報がたくさんあることは、これからライターやフリーランスになりたい!という人には最高の状態です。

 

しかし

 

情報に溺れてしまう、という危険があることにも十分注意してください。

「〇〇さんの意見はこうだったけど、△△さんの意見はこうだった…どっちが正しいの?何からしたらいいの?」と迷ってしまう恐れがあります。

いろんな意見を知り、自分で取捨選択をしなければなりませんが、始めたての頃は分かりませんよね…。

なので、自分が「この人だ!」と思う人を2〜3人見つけて、マネをするのがよいですよ。

私の場合は会社員からフリーランスのライターになった方を数人絞り、参考にさせていただいていました。

その方が書いているブログやTwitter、書籍やイベントなど、発信されている情報を何度も読んで、自分の中にインストールし、心の支えにしていました。

「辛いことがあった…全然うまくいかない…」

そんなこと、ごまんとあります。

そんなときに「この人の文章を読もう」と勇気づけてくれる、目標となる人を見つけましょう。

自分が「もう一度頑張ろう」と思えるような人を見つけておくことは、フリーランスなりたての時期に必要だと思います。

もし、たくさんいて絞れない!という場合は、「ライター」「ブロガー」「フリーランス」といったようにジャンルで目標となる人を決めることをおすすめします。

まとめ

今回私がご紹介したことは、難しいテクニックは一切ありません。

誰でもマネできるものばかりです(*´ω`*)

今回書き出してみて、辞めた当初を思い出しました。

フリーランス2年目に入る直後まで、少し気持ちがゆったりとしてしまっていましたが、またもう一度あの頃みたいにがむしゃらに頑張ってみようと思います!

退職直後は孤独で、不安で、眠れない夜もあるかもしれない。

でも愚直に続けたらきっと自分の理想の未来が叶うと思います。

…不思議なことに、書きながら自分が励まされていましたよおおお〜!

私もまだまだ夢の途中!

さて明日も頑張りますか\\\\٩( ‘ω’ )و ////