私の「はあちゅうサロン」の使い方を考えてみた

ブームを巻き起こしているオンラインサロン。

月額費を払い、学びや出会いが得られる会員制のコミュニティのことですよね。

私もオンラインサロンに所属しており、現在精力的に活動を行っているのが、ブロガー・作家のはあちゅうさん主催の「はあちゅうサロン」

入会して数ヶ月が経ち、少しづつやりたいことが見えてきたので、備忘録をかねてメモしておきます〜!

はあちゅうサロンとは

ブロガー・作家のはあちゅうさんが主催しているオンラインサロンです。

従来のオンラインサロンは、主催者側が「教える」というスタンスが多く、シェアされた内容をうけて、メンバー自らが動いて(作業して)いくというスタンスが多かったと思います。

しかし、はあちゅうサロンでは、基本的にはあちゅうさんが先生になる、ということはありません。(情報はたくさんシェアしてくれますが、メンバーが受け身になって情報を待つ、というスタンスのコミュニティではない)

自らが考え、仕事やコンテンツを生み出す、いわば会社のようなコミュニティです。(あくまで私が感じたサロンの内容です)

そのため、生かすも殺すも自分次第。

動かないと何も得られません。

私もはじめは、従来のオンラインサロンとは仕組みが違うので「一体何をしたらいいのか分からない」と思っていましたが、自分のできることを少しづつやっていくうちに、「こうやってサロンを使おう!」と目標が見えてきました。

私のサロンの使い方

書く力のスキルアップに利用したい

はあちゅうサロンでは「公式SNS」があり、Twitter、Instagram、noteの3つが稼働しています。私はそのうちのひとつのnote課に所属中。

文章を書くことが好きで今までいろんな記事をメンバーと作ってきましたが、自分がやりたいことがはっきりしていなかったように思えます。編集者的な部分を鍛えたいとは思っていましたが「もっとこれ!」という価値を見い出せていませんでした。

ただ、最近になり少しづつですがやりたいことが具体的に見えてきて、

やはりライターとしての書く力のスキルアップに利用したいな〜と感じるようになりました。

とくにインタビュー力を鍛えたい!

ライターとしてのくくりのなかでも、とくにインタビュー力を鍛えたいです。

サロン内でインタビューをさせていただく機会があり、純粋に「インタビューって難しいけれど楽しいな〜」と感じたことが理由です。

思えば前職のTV制作時代のときも、編集は苦手でしたがインタビューは好きでした。

なので、せっかくすごい人がたくさんいるサロンで、レベルの高い思考に自ら触れていかないのってもったいないな〜と!

インタビューをすることで、

  • 構成力
  • 質問力
  • まとめる力

など私のほしい力がたくさん養えます。

普通に生きていたら出会えないような方と交流ができ、その人の思考に触れることができる。

これってめちゃくちゃお得では…!と実感してしています。

なのでもっとインタビュー(取材)を行っていこうと思いました。

今後はインタビューに重きをおく

メンバーの記事チェックやイベントの記事、コラムを書くことが多かったサロン内での活動ですが、

私は自分の書く力を養いたいのと、高い思考に触れたいので、今後はインタビューをもっとやっていこうと思います。(もちろん今までのコンテンツ作りも頑張ります!)

とにかく「書くこと」でずっと生きていきたいので、今は興味のあることにどんどんチャレンジしていきます(*´ω`*)

向いている、向いてないなんて分からないし、今この瞬間に「楽しい」「好き」と思うのなら、挑戦しないとね。

失うものはなにもないし、サロンは実験の場だと思っているから。

使わないのはもったいないよね。