【あと13日】エアコンが修理されるまでの暑さ対策5つ

夏真っ盛なのにエアコンの調子が悪くなりました、さやかです。

数日前に調子が悪くなってしまい管理業者に問い合わせて修理となったのですが、8月は修理依頼がとても多いらしく、21日までエアコンが使えません。

 

・・・もう一回言おう

21日まで家のエアコン終了\(^ω^)/\(^ω^)/

 

(本来ならもう少し早めに来ていただけるのですが、業者さんと私のスケジュールがどうしても合わず、結果21日ということに)

このブログを書いている今日は、台風の影響で気温も低く、風通しがかなりよいので涼しく過ごしていますが

修理が来るまで、あと10日以上を無事に過ごせるか不安で仕方ないです。

ただでさえ汗かきで、しかもオフィスがない仕事をしているので、一体どうしたらいいのか。

そこで、エアコンが修理される21日まで「どう暑さをしのげばいいのか?」ということを考えてみました。

ではいってみよう。

作戦1:家から出る

暑さをしのぐ手段はたくさんありますが、1周まわって「家にいない」のが一番いい方法だなと思いました。

家にいるから暑いのであって、冷房が効いているカフェやコワーキングスペースで仕事をすることが一番よい気がします。

なのでいろんなグッズやら暑さ対策をする前に、さっさと身支度をして家から出てしまうのが先決かと。

朝と夜しか過ごさない、という手段がいいかもしれませんね。

作戦2:思いきって扇風機を買う

扇風機を買うという手段もあり、これもいいアイデアですよね!

エアコンの影響で体がだるくなることもないので、扇風機はおすすめ。

 

しかし…

 

私モノを増やしたくないのです(おい)

今買ってしまっても、結局あまり使わない可能性が高いので、買うモチベーションが極めて低いのです。

なので扇風機は諦めます。すいません。

作戦3:部屋を掃除する

ネットの情報でみたのですが、部屋が散らかっていると暑苦しく感じてしまうそうです。

たしかにモノがごちゃっとしていたら、なんだか暑く感じますよね…。

そこで家の掃除をして空間を広くし、今まで以上に風通しのよい部屋にしようと思います!

これできっと多少は涼しくなる気がします。

作戦4:ひんやりする寝具を使う

よくある、あのひやっとする寝具です。

枕やシーツに使うと、かなり体感温度が違うので少しでも楽に寝られるのではないでしょうか?

作戦5:アイスを常備する

最後はアイス。

暑いときは最終的に体の内側から冷やさねば…と思うのです。

なので家の冷蔵庫にアイスをたくさん常備します。

普段はこってりしたチョコやバニラ系のアイスをよく食べますが、この13日間はシャーベット系のアイスを買い込もう。

まとめ

なんだかんだ